好きを仕事にすると熱量が全く違うと思った話

f:id:oresamaquest:20170912022736j:plain

どうも、ミヤ・マルシェです。


みなさんは好きなことを仕事にできているでしょうか?


好きなことを仕事にした方が楽しい・・というよりも好きなことを仕事にしないと生きていけない 時代がもう目の前にきております。

アパレル店員のやる気の違い

昨日、イメチェンをしようと思って洋服を買いにとある店に行ったのだが接客が最悪だった。

店に入った時に目が合ったのにいらっしゃいませの一言もない。


自分で服を選ぶということができない俺は暇そうに立っている店員に声をかけてコーディネートして もらおうと思ったがやめた。

こいつらはアパレルの仕事が好きでやってるわけではない。


たぶんバイトだし、仕事への取り組み方からもたいして服を好きでないことがわかる。

そんな人にコーディネートしてもらっても結果は見えていると思ったのだ。


自分の行きつけのアパレルショップの店員はこんな感じにしたいということを伝えれば いくつか服の組み合わせを持ってきてくれる。

そして、その組み合わせにした理由を全て説明してくれる。


やる気が違いすぎる。


バイトと自営という立場の差はあるだろうが、仕事が好きかそうでないかで行動に差がでて、 客の満足度にも大きな差がでている良い例だ。

没頭できるのは本当に好きなことだけ

このように好きなことを仕事にするのとしないのでは結果が大きく違ってくる。

それは好きなことなら没頭できるからだ。


子供のころ、徹夜でゲームをした時くらいの熱量。

それくらいの熱量で仕事に取り組んでいるのから結果に差が出るのは当たり前だ。


本当に好きなこと。

これを見つけるのは簡単そうで案外難しい。


俺もまだ見つかっていない。

だからといって焦ってはいけない。

焦ると人間楽な方を選んでしまう。


今、この仕事で収入があるんだから自分はこの仕事が好きなんだ、と無理やり思い込む。

自分に嘘をつくことで生まれるものになんて大した価値はない。


見つからないなら見つかるまで探す!!

それしかないと思うのだ。


俺は明日からレストランのキッチンの仕事が始まるぜ^^

焦らず、弱火でじっくりと・・

          マルシェを応援したい方へ

          下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%が俺のポイントになるので、
          何か買うついでにぜひ!

          Amazonで買い物をする

          儲かったお金は無職の俺の生活費にあてます笑