真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!

f:id:oresamaquest:20170823215928j:plain

熊本で真剣に遊んできました。

マルシェです!!


真剣に遊ぶってなかなか使わない言葉だよね^^

真剣になるのは仕事や勉強、スポーツであるべき?


そんな自分の固定概念を根底からくつがえしたのがタモリさんの以下の言葉。


真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!

遊んでる時が一番楽しい!!

超当たり前だが、自分は遊んでる時が一番楽しい。

遊びすぎて体調が悪い、そのくらい昨日は全力で遊んだ。


人生で最も楽しい時間って遊んでる時なんだとしみじみと思う次第だ♪


でも遊んでても楽しくない時ってあるよね。

俺も昔はそうだった。


その原因は何かと考えると遊びに対して真剣になっていなかったからだ。

仕事で消耗するあまり、精神的にも体力的にも余裕がなくなって遊びの事前準備を怠っていた。

そもそもあまり遊びに時間を費やしていなかった。


一番楽しいはずの遊びを疎かにするということは人生の楽しさの最大値を自ら下げているようなもの。


遊びに対して真剣になれない奴が他のことに真剣に取り組めるはずがない!

きっとタモリさんはこれが言いたかったに違いない。

人生につまづいたらとりあえず遊べ!!

自分は会社を辞めてから遊んでばかりいる。


でも会社員時代には挑戦できなかったことにたくさん挑戦できて人生の選択肢がめっちゃ増えてるのだ。


仕事=お金を儲けること前提で取り組む

遊び=お金儲けを考えずやりたいことをやってみる!


と考えた時に「仕事」の場合はお金が絡む分、何かを始めるという難易度が高いわけだ。

しかし遊びならやるかやらないかだ。


遊びだから続いていることも多い。

例えばブログはまだまだ遊びの範疇だが早い段階の収益化を期待していないからこそ続いている。

ギターなんてお金になるかすら全くわからないけど、自分が面白いから続いている。


最初から利益を求めてやった場合、こんなのすぐに嫌になってやめてしまう。


「遊び」のメリットは更にある。


それは信用を得られやすいこと。


仕事の場合はお客さんにお金を払ってもらってやることなので、完璧にやってくれて当然だと思われる。

つまりハードルが上がるのだ。


しかし遊びだったらどうだろう。

無料でギターの弾き語りをするから見に来てね〜と言って集まった人達に下手くそだから 時間返せとか言われることはないだろう笑


お金は稼げないけど、この人はギターを頑張る人だという信用を得られる。

そして信用からお金を生み出すことはさほど難しくないと思っている。


俺が熊本に遊びに行った時に友達がアパートに泊めてくれてホテル代を浮かせることができているのも 友達として信用してもらってるからだ。


これこそ信用がお金を生み出しているいい例だろう。


仕事ばかりの人生でつまづいた時は遊びまくってみるとたくさんの気付きがあるもんだ。

俺と一緒に遊ぼうぜ!!


ただし、真剣にやれよ(^O^)

          マルシェを応援したい方へ

          下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%が俺のポイントになるので、
          何か買うついでにぜひ!

          Amazonで買い物をする

          儲かったお金は無職の俺の生活費にあてます笑