楽しいを仕事にすることにこだわりすぎなくてもいいのではないかと思い始めた

f:id:oresamaquest:20170820110757j:plain

こんにちわ!

歴史をくつがえす男、ミヤ・マルシェです!!


今日はどんな歴史をくつがえすかというと、昨日書いた記事の内容だ。

www.marcheworld.com

昨日の記事では楽しいことを仕事にしなければ会社を辞めた意味がないということを 述べたが、1日で考えが変わったので報告する次第だ。

世の中は白か黒かではない!!

子供の頃によく見ていたアニメ。

あれって正義の味方と悪者がいたじゃん。

例えば、アンパンマンとバイキンマン。


世の中は白か黒で定義できるということを自分は子供の頃に知らず知らずのうちに刷り込まれていたの かもしれない。


しかし、現実はそうではない。

戦争だって、昔は良い国と悪い国が存在すると思っていたのだが違った。

良く言えば、自分たちの国を守るためにやりたくないけど起こってしまうこと。


白でも黒でもない、グレーという立場も存在する。

じゃあ、仕事に対する考え方だって白と黒にきっかり分ける必要はないのではないか?

そう思ったのだ。


昨日の俺の考えだと、

楽しいことだけを仕事にする→白

やりたくないことを我慢してお金を稼ぐ→黒

いやいや、青だって赤だって緑だってある!


働き方を白か黒の二択だけに勝手に制限していた自分は視野が狭かった。

楽しくはないけど苦痛でもない

楽しいかと言われるとそうではないけど、めっちゃ苦痛かといえばそうでもない。


いわゆる普通。

最初はそんなんでもいいのではないかと思うんだ。


会社を辞めて、人間関係や場所に縛られることなく仕事ができるようになった。

これだけでも一歩前進した。


それをさらに欲張って本当に楽しいこといだけで稼ぐって意気込んで結果にならなければモチベーションは 下がりまくりだ。

フリーランスという立場で飯を食えるくらいまずは頑張ってみる。

それから、楽しい仕事の比率を増やしていけばいい。

俺は歴史をくつがえす男だ

こんなこと書くと、ブレまくりだなとうざいコメントしてくる輩が出てくるのだがそんなん当たり前だ。


今日の自分は過去の自分より成長してるんだから意見なんて180°変わることだってありえるんだよ。

意志が強いってのと過去の自分に忠実なことは全く違うんだ。


俺は過去の自分より新しい自分の考えを信じてやりたい。

それが今を生きるってことだ。


さあ、冒険だ!!

          マルシェを応援したい方へ

          下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%が俺のポイントになるので、
          何か買うついでにぜひ!

          Amazonで買い物をする

          儲かったお金は無職の俺の生活費にあてます笑