一人ビリヤードから考えるワークスタイル

f:id:oresamaquest:20170626231428j:plain

どうも、クロノスです。

この前友達とビリヤードをしたらものっそい楽しかったので今日は一人でビリヤードをしに 行ってみた!!

一人ビリヤードの感想を結論から言うとくそつまらなかった笑

笑いがこみ上げるほどつまらなかったぜ!!

楽しさの本質

じゃあこの前はなぜ楽しかったかと言うと友達と一緒だったからだろう。

友達と一緒にビリヤードという共通のゲームをすることで盛り上がる!!

それが楽しかったのだ。

つまり俺にとってビリヤードは友達との遊びをよりエキサイティングにするツールでしかなかったのだ。

一緒に楽しむ仲間がいない状況でのビリヤードは退屈すぎた。

だが、このアクションのおかげで有意義な情報を得ることができた。

それは、俺が人と楽しみを分かち合うことを喜べる人間なんだということ。

これと似ている例としてお酒の飲み方が挙げられる。

俺は最近飲み屋に行ってもあまりアルコールを飲まない。

お酒を飲むことが好きな人からすれば理解できないだろうが、楽しみ方が根本的に違うのだ。

俺の場合、お酒を飲むことが目的ではなく友達と楽しくおしゃべりすることが目的なのだ。

お酒はテンションを上げるための道具でしかない。

今日、一人でビリヤードをするというアクションを起こしたおかげで自分の価値観が明確になった。

仕事と人間関係

では、自分は人と接するのが好きな人間だ。

接客業を選ぼう〜♬

などと、安易に考えると痛い目を見る。

人間関係ってお金が絡むと途端に面倒臭くなる!

例えばとても仲の良い友達と一緒に事業を立ち上げたとしよう。

最初はうまくいっていても時が経つにつれ色々な摩擦が生じるだろう。

仕事に対する考え方の違い、仕事ができるできないの違いなど。

それにより生まれた些細なすれ違いはプライベートにも大きく影響する。

仕事のせいで仲が悪くなることだってあり得るのだ。


だから俺は仕事で極力、人と関わりたくない。

仕事はできる限り一人でこなして、プライベートで友達とのコミュニケーションを楽しむ!

これが今思いつく最高の働き方だ!!

みなさんはどんな価値観をもち、どんな働き方を望むだろうか?

それは人の数だけあると思ってる。

自分が人生を楽しむにはどんな働き方をすればいいかを考えてみてほしい。

そして、妥協することなくその目標に向かって突き進んで行こう!!