読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訪問販売や電話営業の商品を買ってはいけない理由を俺が解説する!

f:id:oresamaquest:20170504062251j:plain

どうも、時計の秒針のカチカチにあわせてスクワットをする男、クロノスです。

ギタリストとしてのリズム感を鍛えるためです^^

宮崎は今日は雨。

たまには雨もいいな。

人間界で汚れた心を洗い流してくれる。

さて、みなさん一度は訪問販売や電話営業をされてうざいと思ったことがあるのでは ないでしょうか?

特に家にいる時間が長い主婦の方はたくさんありそうですね。

今から俺が訪問販売や電話営業の商品を買ってはいけない理由と奴等をうざいと感じる理由を 徹底的に解説する!

商売としてなりたっていない。

まずうざい理由としては人の時間の都合を考えずにセールストークを始める。

しつこい、などの理由があげられる。

しかし、これらはやつらの根本的なうざさではない。

商売として成りたっていない!

これが、奴等に不快感を抱く根本的な理由だ。


では商売とはなんぞや?と考えてみる。

例えば俺がスーパーにいって今日の昼ごはんを買うとする。

俺が買うにあたって考えるのは「おいしそうか」、「値段が安いか」の2つだ。

この条件を吟味して買ってもよいと判断した時に俺は商品を買う。

つまり、サービスの価値=値段が成り立つときだ。

はい、等価交換の法則発動!!

等価交換についてはこの記事でも書いたので見てねっ♪

www.marcheworld.com

ブログの収益化にしたってそうだ。

ブロガーは読者の興味がある記事を提供することで記事内の広告をクリックしてもらえるかもしれない というチャンスをもらっているのだ。

じゃあ、訪問販売や電話営業はというと客が価値があると思う思わないに関係なく商品を 売りつけてくる。

説明を聞いた結果、もし俺にとって価値がある商品だとしても客の意思に関係なく売りつけようというその前提がうぜえ!!

更にだ!

奴等がなぜ家にわざわざやってきたり、電話したりしてセールスするかというと 待ってても商品が売れないからだ。

自分からこの商品はたいした価値がないと言ってさるいてるようなものなのだ。

奴等の売る商品は価値がない。

これが訪問販売や電話営業の商品を買ってはいけない理由だ。

対策

居留守、これが最強。

今どき初対面の人が突然家を訪れてくることなんてほぼないのではないか?

ただただ無視しよう!

電話の場合は忙しいんでっていって切る!

う~ん、お人よしな人はこれができないのかな~。

そういう人は自分の時間の大切さについてもっとよく考えてみよう!

俺は奴等のせいで3秒、作業が中断するのも許せない。

どうでもいいことに時間を割いているほど退屈はしてないんだ。