もう一度子供に戻ってみたい なれっこないよ ハァーン(T_T)

f:id:oresamaquest:20170423114209j:plain

どうも、クロノスです。

宮崎の天気は最高です♪

こんなにも天気が良くて、俺が育ったまちである宮崎にいると自分が子供だった頃を 思い出してしまいます。

過去を振り返るなってよく言うけど、良い思い出はいつ思い返しても楽しいもの。

今日は自分の子供のころを思い出してみようと思う。

最高の秘密基地

みなさんは子供のころ、自分たちだけの秘密基地を作って遊んだことありませんか?

男の子なら一度はやってみたいと思うのではないだろうか。

もちろん俺は友達と秘密基地を作ったことがある。

場所は自分達が通う小学校の近くの山の中。

俺たちは毎日のようにそこに行って遊んだ。

小屋をつくったり、山に落ちている木の枝でチャンバラをしたり、ポケモンカードゲームで遊んだりもした。

小学生である自分達にとって絶対的な存在である親や先生は知らない、俺たちだけの空間。

そんな秘密を共有することで友達との結束力が生まれていたと思う。

楽しかったなあ、これを思い出すともう一度子供に戻ってみたいと思うのである。

子供心を忘れずに

今に満足していわけではないが、もう一度あの体験をしたい。

仲の良い友達だけで集まって、遊ぶ。

じゃあ、また作ればいいのではないか!?

大人になったら秘密基地を作ったらいけないなんてルールはない。

だが今度秘密基地を作る場所は山の中ではない。

きれいな海が見える一軒家を借りる。

家賃は集まる仲間と割り勘だ。

時間が合う日はそこにみんなで集まって、楽しい話をしたり、バーベキューをしたり!

こんなことを考えるとワクワクする!

俺はこれを30代のうちには実現するつもりだ。

実はこの面白いアイデアは俺の考えではない。

俺の人生の手引書

このアイデアは潮凪洋介さんの書いた「バカになれる男の魅力」という本から頂いたものだ。

そして潮凪さんはこの秘密基地を実際に作って20年以上維持しているというから驚きだ。

この本はありのままの俺をだす手助けをしてくれた。

バカになれる男の魅力!

実に興味深いタイトルではないだろうか。

俺は悩んだり落ち込んだりした時にこの本を読んで自分を奮い立たせている。

この本は俺の人生の教科書なのだ。

人生を自由に生きたい、そう思う人はぜひ読んでみてくれ!