読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっと俺のターン 遊戯王を自分の人生にあてはめてみた

f:id:oresamaquest:20170422204714j:plain

どうも~クロノスです!

名前だけでも覚えて帰ってください^^

・・今夜はサンドウィッチマンを真似てみました♪

さて、この記事では遊戯王というマンガの世界観と俺の人生を照らし合わせてみる。

遊戯王を知らない人のために説明しておくと、よくあるカードゲームをマンガにしたものだ・・

う~ん・・我ながら説明がへたくそだな。

2人でモンスターのカードをだしあって交互に攻撃して勝ち負けを決める、それをマンガにしたものだ。

てか、漫画が先か。

ずっと俺のターン

みなさん、「ずっと俺のターン」って言葉を知っているだろうか?

ちょっと何言ってるかわからないって!?

説明するのでよ~く聞くのだ!

本来ならこのカードゲームは自分と敵のターン、が交互にまわってくる。つまり交互に攻撃するってこと。

だが、ある掲示板のユーザーがアニメを見ているときに投稿した言葉が面白くて爆発的にヒットした!

そのキーワードこそが、

「ずっと俺のターン!!」である。

お前の攻撃する順番なんてまわってこないぜ、ずっと俺の攻撃だ!

素晴らしい!

素晴らしいと思わない?

戦闘において相手の攻撃を全く受けることなく攻め続けることができる!

最高の状況だ。

攻め続けろ!!

ずっと俺のターン、このキーワードを俺流に解釈するなら、

守りにはいってるひまはない、攻め続けろ!!

もちろん自分の嫌いな相手を責めるという意味ではない。

常に挑戦することをやめるなってことだ。

人生は有限だ、自分がやりたいと思ったことは即実行する。

もちろん、たくさん挑戦すればたくさん失敗するだろう。

でも、それでいいのだ。

失敗から学んで立ち直ろうと必死に頑張る、その時間があることで俺たちはより強くなれるのだから。

俺の解釈は以上だ!

俺はともかく攻めつづける!!

守るとしたら自分ではない、きっと愛する人だろう。