男は下手に出るくらいがちょうどいい 嫉妬によるトラブルを回避する方法

f:id:oresamaquest:20170422104908j:plain

どうも、クロノスです。

今日は土曜日ですな。

俺の場合、毎日休みなので関係ないが休日になると心身ともにリラックスして気分が よくなるのは会社に行ってたころの生活リズムがまだ残っているのだろうか。

話は変わるが、男って嫉妬深いやつが多いですよね。

特に職場での嫉妬はめんどくさい。

目をつけられたら最後、あらゆることで仕事のじゃまをされる。

嫉妬深い奴の特徴

俺が今まで見てきた嫉妬する人間の特徴を一言で言うなら他人と自分を比較したがる人間だ。

上司からの評価、給料、恋人の有無など。

わかりやすい行動としてはまず自慢が多い。

他人と自分を常に比較しているので、自分より他人が優れている面を人一倍多く察知する。

そしてその劣等感で不安になり、自慢することで心を安定させるのだ。

実にめんどくさい。

仕事でついていく先輩を間違えるな

仕事を先輩に教えてもらってる立場なら、先輩に怒られることはよくあることだろう。

もちろんそれは真摯に受けとめる必要がある。

だが注意すべき点は怒られた原因だけではない。なにに怒っているかだ。

「その人を知りたければ、その人が何に対して怒りを感じるかを知れ」

これは俺の大好きなマンガ、ハンターハンターのセリフだ。

その通りだと思う。

先輩が怒っている理由が自分の成長のためなら良い。

しかし、自分はお前より偉いんだ、それをアピールしたいためならアウトだ。

即、距離をおくべきだ。

今は自分が仕事ができていないから怒られるんだ、頑張って仕事を覚えて怒られないようにしよう!

そんなんじゃない!

こういうやつは自分が上であることが絶対なわけだ。

だから、仕事ができるようになってくると今度は上げ足をとるためにさまざまな邪魔をしてくる。

嫉妬って醜いね。

下手に出よう

こういう一部のとてつもなく面倒くさいやつでなくても人間誰しも嫉妬はする。

嫉妬によるトラブルを回避したければ下手にでよう。

自分が得をした話、つまり自慢はしないほうがい。

更に、自分なんてこんなにバカなんですよ~とアピールすればなおよいかもしれない。

他人なんて自分にとってはちょっと下でバカなくらいがかわいいのだ。

それでもだめだったら・・

人間関係はめんどくさいですな。

人間関係を良くするためには自分が変わるのが早いってよく聞く。

だけどそれって本当の自分を無理やり曲げてるわけで、ストレスはたまる一方。

それに自分が変わっても他人が変わらなかったら意味ない部分もあるし。

環境を変えるって重要だぜ?

環境を変えるって勇気がいる。どの道が正解なのかわからないから不安だ。

でも逆に言えば、それだけ自分には選択肢があるってこと、チャンスがまだまだあるってことだ。

楽しい人生にしよう~(^_^)