読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美人歯科衛生士に助けられた話 俺はやはり運がいい

f:id:oresamaquest:20170418062846j:plain

どうも、クロノスです。

今日は火曜日みたいですね。
会社をやめてからというもの曜日感覚がなくなってきているのだ。

あるアンケート調査によると、火曜日の午前中は1週間の中でサラリーマンが最も憂鬱に なる時間らしいでっせ。

なんとなくわかる気がする・・
今日の宮崎は天気も悪いのでさらに憂鬱になりそうですな。

頑張れ宮崎のサラリーマン!ファイトー!!

俺はどうかというと全然元気\(^o^)/
曜日とか関係ないからね。

高みの見物ですわ!!

う~ん・・高いかはわからないけど笑

この記事では超美人な歯科衛生士さんに助けられたって話をしていくよ♪

親しらずの抜歯

半年前くらいだったか、ジュースなど冷たいものを口にいれると歯がすごいしみるようになったのだ。
アイスとか食べたときにはもう激痛だった。

歯医者にいってみると案の定虫歯。

虫歯は治療してもらったのだが、親知らずが上に2つ下に1つあってそれが邪魔で歯磨きのときに歯ブラシが 歯の隙間まで届いてないということだった。

抜歯をすすめられた俺はまた虫歯になっても嫌だししてもらうことに。

上の親知らずの抜歯は2つとも順調におわり、残りは下の親知らず。
下は歯の根っこの部分がかなり奥までとどいてるので痛いかもと言われていた。

最後の抜歯の日が近づくにつれ俺はこわくなってきた。

そんな時に行きつけのバーである女の子に出会った。

美人歯科衛生士

バーで俺の隣に座った女の子はすごいかわいい子だった。

どうにかして仲良くなれないかと思ったが、俺の人見知りが発動して話しかけられないでいた。

それを気づいてか、バーの店員が俺のことをその女の子に紹介してくれた。

緊張してきたっと思いつつもちょっとうれしい俺笑

話してみると結構話は弾んだ、たぶん。

どんな仕事してるの?って聞くと歯科衛生士だというじゃないか!
もうすぐ親知らずの抜歯をしないといけないという話をすると、じゃあうちの歯医者にきてください(^。^)

ラジャー!!

自分で思った、ちょろい男だな!

どっきどっきの歯医者さん♪

その女の子が勤めているという歯医者さんに行って受付をすますと、

キター!!

例の女の子だ!

まずレントゲンをとってもらった、幸せな時間だった。

歯医者さんによる診断

レントゲンの結果を歯医者さんがチェックしているらしい、しばらくイスに座って待っていると 歯医者さん登場。

おっ結構若くてイケメンじゃん。

そんなことはどうでもいい、最初に言われた言葉が衝撃的だった!

この親知らずは歯の神経にまでとどいてます。これを抜くと口に麻痺がのこりますよ?

へっ?って感じだった。

そんなことがあるのかと。でも確かに見せてもらったレントゲン写真の歯の奥の部分が神経だという部分に触れていた。

危なかった!

そんな思いがあふれてきた。

俺は運がいい

歯科衛生士の女の子には何度もお礼を言った。

この子に出会わなければ俺は口に麻痺がのこった可能性が高いのだ。てか残ってただろう。

俺は運がいいな、そう思った。

会社の自販機でジュースを買うとよくあたりがでていたのを思い出した。

買う頻度が多かっただけかもしれない。

だが、ちょっとしたラッキーなできことでもやった!!運が良い!!

そう思うことで本当に自分の運が上がっていく。俺はそんな気がするのだ。

ちなみにその女の子とは全く進展はなしだ・・

ライン交換も拒否された笑

病院選びは慎重に。