会社がホームページを持つメリット!

f:id:oresamaquest:20170723201800p:plain

どうも、宮崎生まれのミヤ・マルシェです!

フリーランスの初案件としてある会社のホームページ作成を任された俺。

しかし、ただ作ればいいってものではない。

ホームページを作る目的をお客様から聞いて、目的を明確にしておかないと ただの自己満足のサイトとなってしまう。

今日はホームページを作る目的について考えてみた。

お客様に自分達の会社を知ってもらう

まずはお客様に自分達の会社を知ってもらうことだ。

例えばいくら技術が優れたメーカーであっても、その技術を必要としてくれるお客様がいなければ仕事として成り立たない。

自分達の会社の技術や製品を売り込む営業にはいくつか種類がある。

よくあるのは、実際にお客の家に訪問して商品を売りつけるという方法。

昔からある営業手段だが、今はこのようなやり方は主流ではないし、俺はこのやり方は嫌いだ。

なぜかというと、単純に迷惑だから!

相手の時間の都合も考えず、押しよせてきて商品を購入するか激しく拒否されるまでしゃべりつづける。

迷惑以外のなにものでもない。

最近実家に帰ってきたので固定電話によく営業電話がかかってくる。

固定電話にはだいたい母親がでる。

そして、母親のしゃべっている内容を聞くとなんとなく営業電話だなと察知する。

最初のうちは母親が断るまで様子を見ていただけだったが、だんだんイライラしてくる俺。

現在は営業とわかったら俺が電話にかわって即断って切ることにしている。

お客様を不快にさせずに宣伝ができる

このように、直接会ったり電話したりして商品を売ろうというやり方では相手を不快にさせてしまう。

その点、ホームページだったら客が見たいときに見ることができるし、 いつ見るのをやめるかも自由だ。

つまり、相手を不快にさせずに効果的に宣伝をすることが可能になるのだ。

インターネットの普及で消費者は高い買い物をするときには商品について調べつくしている。

もしかしたら売る方よりも知識あるかもというくらいに。

だから、自社の商品やサービスを魅力的にアピールするホームページは昔よりも重要度が増している。

最初から買うつもりの客ではなく、買おうかどうか迷っているという人もターゲットにすることが可能。

買うつもりはなかったがなんとなくホームページを見ていたら欲しくなった。

そこまでいけば最高だ!!

以上が会社がホームページを持つメリットだ。

ホームページを作る自分としても、作る目的を意識する必要がありそうだ。